梅干と柿、オーガニック野菜の農悠舎王隠堂

日本の食地域の暮らしをのこしたい 農悠舎王隠堂

柿(たねなし柿・富有柿)

日差しが和らぎ少し赤味を帯びた光になる頃、西吉野の山も真っ赤に染まります。黄色く輝く大きな柿はこの地域の象徴となっています。この地域は急峻な山に囲まれその谷を曲がりくねった紀州熊野への街道が続く。古くは高野山、熊野詣での人々も物も行きかい、地域独特の暮らしもありました。近年になり交通網が整備されるとともに、山の人が都市に働きに出たり居を移したりするようになり、徐々にではあるが田舎の人数も減少してきています。   私たちはこの山間の小さな町で柿を作ってきました。確かに人は減ってはいますが、山にはピカピカに光る柿が毎年たくさん実をつけてくれます。先祖代々繋いできた山に実る柿は私たちの宝物です。その輝きを絶やすわけにはいきません。幸いにも柿の生産者はまだまだ働き盛りの年代が頑張ってくれています。寒い時期は枝の剪定、暖かくなると蕾を減らす摘蕾(てきらい)作業、夏の猛暑、そして台風を乗り込え、たくさんの作業を積み重ね、良い柿が実ってほしいと願っています。作物は人と自然がつくるものです。長年の経験と努力が無いと良い柿は作れませんし、雨や日照り、高温、霜。。さまざまな気候の変化にも味や収穫量は大きく左右され、思うようにいかないのが農業です。私たちは毎年変わる環境の下で努力を積み重ね、愛情をかけてよい柿をこの地域で作り続けたいと考えます。 例年、たねなし柿は10月5日〜11月5日、富有柿は11月10日〜12月初の出荷となります。(年により期間が前後する場合があります)

●たねなし柿と富有柿の違い

< 前のページ
次のページ >
9件 [ 1-9 ]

おすすめ商品